Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボとインターチャネル、コンシューマー向け統合セキュリティソフトを発売

アンラボとインターチャネルは、個人やSOHOを対象とした統合セキュリティ対策の新製品「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007」シリーズ、および「AhnLab スパイゼロ 2007」パッケージ版を6月23日より発売する。

「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ(6980円)」は、ウイルスやスパイウェア対策、フィッシング対策機能をはじめ、ファイアウォールや個人情報保護機能、メール対策機能を搭載した統合セキュリティソフト。

「特定位置判別法」による高速スキャンなどの機能を備えている。WinnyやShareといったP2Pソフト対策が可能。Windows XP Pro x64 Editionに対応している。

また、「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ」よりP2P対策機能、スパイウェア対策機能を省いた「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007」と、P2Pソフト対策やスパイウェア対策に特化した「AhnLab スパイゼロ 2007」を同時にリリースする予定。

両社は、ダウンロード版は先行して発売する予定で、BIGLOBE SOFTPLAZAやベクターにて6月2日より提供を開始する。

(Security NEXT - 2006/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から