Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インフォコム、患者や医療関係者の個人情報入りPCを紛失

インフォコムは、19の病院に関わる患者および医療関係者の個人情報などが保存されたノートパソコンを紛失したと発表した。5月21日に同社社員が紛失に気が付いたという。

同社員は前日、会議や懇談会に出席し、そのままホテルに宿泊。その間に紛失したと見られている。所在不明となっているパソコンには、19の病院の放射線部門に関わる患者および医療関係者の個人情報が保存されていた。放射線システム機能検証用のダミーデータも含め、約11万件のデータが保存されていたという。

同社では、遺失物届を提出。引き続き捜索を行っている。同社では、保存されているデータの詳細な調査を行うとともに、取引先や患者などに対し説明と謝罪を行った。パソコンにはログインパスワードが設定してあったとしている。

同社では、業務上不要となった個人情報の削除を怠っていたとして、取得から削除、廃棄に至る個人情報の管理体制全般を見直すとしている。また、個人情報保護や情報セキュリティに関する社員教育の再徹底や内部監査の強化など、再発防止に向けた対策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町