Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保護者のメールアドレス230件を誤送信で流出 - 堺市の小学校

堺市立庭代台小学校において、誤って保護者230名分のアドレスと児童氏名を流出したことがわかった。

堺市教育委員会によれば、同小学校において5月24日に児童の安全情報を知らせる緊急メールの送信テストを行った際、誤操作により230名分のメールアドレスおよび児童の氏名を添付して送ったという。保護者の指摘により判明した。

同委員会では、該当する保護者に対し謝罪の文書を送付するとともに、個人情報の厳正な取り扱いを徹底するよう、市内の学校に通達を出した。

(Security NEXT - 2006/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市