Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係会社から顧客名を含む通信工事関連情報が流出 - NTT西日本

NTT西日本の顧客情報約1万件などが関係会社社員の私用パソコンからShare経由で流出したことがわかった。

NTT西日本とコミューチュアによれば、通信工事を担当する関係会社の社員が、独自にデータを作成して自宅のパソコンに保存していたところ、ウイルス感染によりShareネットワーク上に流出したという。

流出した工事関連情報には、個人の顧客の氏名8990件、法人顧客名1655件、法人顧客名と電話番号153件が含まれていた。両社では、顧客の特定ができ次第、個別に謝罪するとしている。

NTT西日本とコミューチュアでは連携し、自宅パソコンのWinny対策などを実施してきたが、今回の事故に至ったという。同社では、再度、指導徹底を行い、信頼回復を計りたいとしている。

(Security NEXT - 2006/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社