Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、ウイルス対策ソフトなどにP2Pソフト対策機能を追加

アンラボは、同社のウイルス対策ソフト「アンラボ V3 ウイルスブロック」およびスパイウェア対策ソフト「アンラボ スパイゼロ」に、「Winny」や「Share」の検出、および削除機能を追加すると発表した。

「スパイゼロ」への搭載は6月9日、「ウイルスブロック」への搭載は6月中旬を予定している。同機能を利用する上で特別な設定は不要。スキャン対象外に設定することも可能。新しいバージョンが登場した場合も、定義ファイルで対応するとしている。

(Security NEXT - 2006/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送