Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キングソフト、小中高等学校を対象にセキュリティソフトを無償提供

キングソフトは、全国の小中高等学校を対象に、総合セキュリティ対策ソフト「キングソフトインターネットセキュリティ2006+」の無償提供を開始した。

同ソフトは、ウイルスやスパイウェア対策、ファイアウォールなどのセキュリティ機能を備えた統合セキュリティ対策ソフト。ファイル共有ソフトを介して感染するウイルスにも対応している。

授業で使用するパソコンだけでなく、校内で利用されるすべてのパソコンが対象。同社の公式サイトから申し込み後、指定ページから無償ダウンロードできる。メールでの利用サポートも無償で提供される。

同社では、学校が保有するパソコン台数の増加傾向に伴いセキュリティ対策にかかる費用も上昇していおり、コストの心配なく安全にパソコンを利用できる環境作りを支援するため、今回の無償提供を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT