Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RIAJ加盟14社、音楽ファイルの不正アップロードユーザーに関する情報開示を求め訴訟提起

日本レコード協会の会員レコード会社など14社は、ISP3社に対し、音楽ファイルを不正にアップロードしているユーザー19名に関する発信者情報の開示を求めて、東京地方裁判所に訴訟を提起した。

同協会ではこれまで、市販音楽CDのデータファイルを無断でアップロードしているユーザーが著作隣接権を侵害しているとして、訴訟提起を行ったもの。同ユーザーの氏名や住所などの発信者情報を開示するようISP3社に対し求めてきたが、開示されなかったため、訴訟に踏み切ったという。

音楽ファイルの不正アップロード行為が後を絶たないことから、今後も損害賠償請求に向けた発信者情報の開示を求める法的対応を進めるとしている。

同協会では2004年3月より、不正アップロードを行っているユーザーに対し、インスタントメッセンジャーによる注意喚起を実施し、現在までの送付総数は1100万通を超えている。

日本レコード協会
http://www.riaj.or.jp/

(Security NEXT - 2006/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず