Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

T-SS、セキュリティを確保したバックアップサービスを提供

トリニティーセキュリティーシステムズは、セキュリティサービス「T-SS SecurityOnline」においてデータバックアップサービスの提供を開始した。月額利用料は1050円で加賀ソルネットを通じて提供される。

同サービスは、米Iron Mountainの技術を採用したASPタイプのデータバックアップサービス。専用ソフトウェアをクライアントPCにインストールすることで、自動で定期的にバックアップを行うことが可能。

提供されるディスクスペースは6Gバイトで、データ転送と保管の際は暗号化を実施することでキュリティを確保した。また、2回目以降のバックアップは差分のみのバックアップにより短時間に作業ができる。

(Security NEXT - 2006/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も