Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力の火力発電所に関する資料がネット上に流出

中部電力の関係会社である中電防災の従業員の私用パソコンから、火力発電所の業務資料や事業所の従業員名簿などがネット上に流出したことがわかった。

流出したとされる情報は、尾鷲三田火力発電所の防災地図や不法侵入者発見時の対応マニュアル、防災緊急時の連絡体制といった業務資料のほか、同事業所の従業員名簿など。同社では、流出したデータの詳細は現在も調査中だという。

同従業員がデータを持ち出して自宅のパソコンに保存した際、導入されていたファイル交換ソフトを介して流出したと見られている。

発電所など、機微情報を多く扱う電力会社からの情報流出事故が連続している。4月24日には四国電力から火力発電所に関する情報が流出し、原子力安全・保安院から情報管理徹底の通達があったばかり。

(Security NEXT - 2006/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
委託先従業員が個人情報含む書類を盗難で紛失 - 北海道電力
中国電力、原子力情報含むデータが従業員自宅からネット流出
敦賀原発の原子力関連情報含む業務資料を紛失 - 日本原電
原発の工事用図面含むUSBメモリを紛失 - 日立プラントテクノロジー
原因は自動バックアップソフト - 日本原電の情報流出
福島第一原発のデータを保存したUSBメモリが所在わからず - 機微情報は含まれず
火力発電所の画像や関連資料がファイル共有ソフトでネット流出 - IHI
ファイル共有ソフトで原発情報がネット流出 - 日本原電
東芝の原発情報入りHDD盗難、機微情報含まず - 個人情報2000件が被害