Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の月例セキュリティパッチが公開 - 「緊急」2件含む

マイクロソフトは、セキュリティパッチ3件を公開した。深刻度は、緊急が2件、警告が1件となっている。

アドビシステムズのMacromedia Flash Playerにおける脆弱性は、アニメーション処理上の脆弱性。アドビシステムズでは、すでに脆弱性を解消したアップデート版を3月に公開しており、対応していれば脆弱性の影響ない。

しかし、対応していない状態で、攻撃目的で作成されたファイルが掲載されたウェブへアクセスしたり、電子メールで実行した場合、コンピュータが乗っ取られる恐れがあるという。

また、深刻度が「緊急」として、Microsoft Exchange Serverのカレンダーに脆弱性が見つかっており、悪用されると外部よりリモートで実行される。

警告とされたものは、「Microsoft Distributed Transaction Coordinator(MSDTC)」の脆弱性で、攻撃を受けた場合、サービス拒否に陥るとしている。コードが外部より実行されたり特権の昇格などはない。

2006年 5月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-may.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割