Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国電力、関連会社から業務情報がWinny流出

中国電力の業務情報がWinny上へ流出したことがわかった。関連会社エネルギア・コミュニケーションズ社員の私用パソコンがウイルスに感染し、両社の業務情報がネット上に流出したもの。

流出が確認されたのは、中国電力の業務関係資料やエネルギアの社内研修資料など。中国電力では、エネルギアへ業務を委託していた。流出情報に個人情報は含まれていないという。

中国電力によれば、エネルギア社員がデータを持ち出して自宅のパソコンに一時的に保存。一部が削除されていなかった。社員自宅のパソコンにはWinnyがインストールされており、暴露ウイルスに感染したことで流出したと見られている。

(Security NEXT - 2006/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
特別高圧の顧客向け案内メールで誤送信 - 中部電
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
顧客情報含む帳票を紛失、翌日すべて回収 - 四国電力
法人顧客の連絡先含むファイルが所在不明 - 中部電力
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
顧客情報1.2万件を含むDVDが所在不明に - 関西電力
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も