Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティソフト導入を迫るアドウェアの相談急増

情報処理推進機構は、4月のウイルスおよび不正アクセスの届け出状況をまとめ、公表した。

ウイルスについては、以前より検出数が多かったNetskyが約203万個から136万個へ減少しており、4月のウイルスの検出数は、前月より3割減となる約179万個だった。また、感染の届出件数は、3537件で検出数同様、減少傾向にある。

不正アクセスの届け出は15件寄せられ、7件で被害が発生。侵入が5件と大半を占めており、SQLインジェクションによる侵入や、フィッシング詐欺のコンテンツが設置されるといった被害が報告されている。

さらに同機構によれば、4月にウイルス対策ソフト購入強要のするマルウェアの相談が40件寄せられたとして、注意を喚起している。

ウイルスに感染したと誤解させる内容のアラートなどを表示させ、対策ソフトのダウンロード販売へ誘導するもので、インストールした場合、不具合が発生する例もあるという。

アラートが表示される場合、アドウェアなどがインストールされている可能性が高く、セキュリティベンダーが提供するオンラインスキャンなどで検査することを推奨している。

同協会では、アダルトサイトへアクセスし、画像をクリックしたことによりスパイウェアがインストールされる被害も増えているという。アラートなどを確認しない結果、インストールされた例が多く、警告画面をチェックしてほしいと注意を喚起している。

(Security NEXT - 2006/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン