Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムウェア、指紋認証と暗号化ソフトを組み合わせて販売

NTTコムウェアは、指紋センサーと指紋管理サーバを組み合わせた指紋認証ソリューション「e-UBF Small Office Kit プラス」とファイルサーバのデータを暗号化するソフトウェア「Folder SAFER mini」のセット販売を5月11日より開始する。

「Folder SAFER mini」では、ファイルやフォルダ単位で保存や編集など操作の制限や有効期限、印刷の制御など可能。指紋認証ソリューションとの併用でパソコン端末の認証から暗号化ファイル共有まで幅広いセキュリティ環境を提供したいとしている。

(Security NEXT - 2006/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず