Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo!メール、送信元を証明するマーク表示でフィッシング対策

ヤフーは、「Yahoo!メール」におけるフィッシング詐欺対策を強化した。

今回の措置は、「Yahoo!オークション」の落札通知や評価通知といった自動通知メールがYahoo! JAPANより送信された際、ウェブ上の受信メール一覧画面に紫色の「Y!」マークが表示されるというもの。Yahoo! JAPANを装ったメールには表示されないため、情報詐取を目的としたフィッシングメールとの判別が容易になるという。

今後は、自動通知メール以外の各サービスへの対応も予定している。なお、他のアドレスで受信した後に転送された場合や、メールソフトで確認する場合にはマークが表示されないため、同社ではウェブ版の利用を勧めている。

(Security NEXT - 2006/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ