Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正侵入やSQLインジェクションに対応する「McAfee Host Intrusion Prevention 6.0」

マカフィーは、不正侵入対策製品「McAfee Host Intrusion Prevention 6.0」を5月15日より発売する。

同製品は、不正侵入を防止するセキュリティソリューション。脆弱性に対し、シグネチャに加え、動的な遮断機能を搭載することで、ゼロデイ攻撃に対応。また、HTTPリクエストやSQLクエリの正当性を検査することでウェブアプリケーションを脆弱性から保護する「Web Application IPS機能」を搭載している。

さらにアプリケーション制限機能により、P2Pソフトやボットなど、不正アプリケーションの利用やUSBメモリの利用など、制限を加えることができる。McAfee ePolicy Orchestratorによる一元管理を実現した。

(Security NEXT - 2006/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース