Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修医のPCから患者情報が流出 - 福井県立病院

福井県立病院は、研修医の私用パソコンがウイルスに感染し、患者32名分の個人情報がネット上に流出したと発表した。

他の医療機関から実習に来ていた研修医が、作業のため同情報を持ち出して自宅のパソコンにコピー。パソコンにはWinnyが入っており、暴露ウイルスによりネット上に流出したという。

流出したのは、同病院の患者32名分の情報。同病院では、患者情報を持ち出す際、匿名化を義務付けていたが、今回、氏名、年齢、病名、画像などが含まれていた。

該当する患者に対し個別に謝罪を実施。今後は規定の周知徹底を図って、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市