Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修医のPCから患者情報が流出 - 福井県立病院

福井県立病院は、研修医の私用パソコンがウイルスに感染し、患者32名分の個人情報がネット上に流出したと発表した。

他の医療機関から実習に来ていた研修医が、作業のため同情報を持ち出して自宅のパソコンにコピー。パソコンにはWinnyが入っており、暴露ウイルスによりネット上に流出したという。

流出したのは、同病院の患者32名分の情報。同病院では、患者情報を持ち出す際、匿名化を義務付けていたが、今回、氏名、年齢、病名、画像などが含まれていた。

該当する患者に対し個別に謝罪を実施。今後は規定の周知徹底を図って、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正