Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ、ルータとのVPN接続を実現するクライアントソフトを発売

ヤマハは、中小規模を対象としたVPNクライアントソフトウェア「YMS-VPN1」および「YMS-VPN1-LP10」を6月より発売する。価格は、それぞれ1万290円、8万3790円。

同製品は、ヤマハ製VPNルーターとIPsecによるVPN接続を実現するソフトウェア。ディアイティのVPNクライアントソフトウェアをベースとなっており、同社と共同で開発されている。設定を気軽に行える「かんたんポリシーエディタ」を用意した。

また、NATトラバーサルにより、NATの設定の手間を軽減。複数のIPsecクライアントを同時に利用できる。さらにIPsecの暗号化方式として、DES/3DESおよびAESを搭載している。

(Security NEXT - 2006/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを