Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータら6社、情報システム仕様書の記述法統一を目指す

NTTデータ、富士通、NEC、日立製作所、東芝ソリューション構造計画研究所の6社は、情報システムの仕様に関する記述を統一を実現するため、「実践的アプローチに基づく要求仕様の発注者ビュー検討会(発注者ビュー検討会)」を発足した。

同会では、仕様書におけるシステム開発の要件や内容の記載方法を統一することで、顧客と開発者のコンセンサスを得るのが狙い。開発者の視点ではなく、顧客の視点から見た記載方法などを共同で検討し、IT業界への浸透を目指すとしている。

(Security NEXT - 2006/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か