Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マンション購入者情報など8100件がWinny上へ流出 - 広告代理店

広告代理店のアイ・アンド・キューアドバタイジングの取引先顧客情報がWinny上へ流出していたことがわかった。同社では、Winnyを削除、さらに流出情報の詳細や漏洩の原因について調査を進めている。

4月10日に同社東京オフィスの情報流出が判明したもので、取引先企業から受託した顧客の氏名や住所、メールアドレスなど約8100名分の個人情報が含まれていた。同社によれば、社内パソコンへWinnyがインストールされていたという。

今回流出した情報には、三菱地所、住友不動産、東急不動産、新日鉄都市開発、東日本旅客鉄道が販売した「幕張ベイタウンマリンフォート」の情報が含まれていたことが判明しており、2549名の顧客情報が含まれていた。顧客へは個別に連絡を取るとしている。

また、双日の情報が含まれていたとの一部報道があり、双日では現在調査を進めているという。

(Security NEXT - 2006/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応