Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、ハードディスクデータ消去施設を開設

大塚商会は、パソコンのハードディスクデータ消去施設「ODTセンター」を4月17日より開設する。

同社によれば、同センターでは、年間20万台のデータ消去を実現。セキュリティ管理などを完備し、入庫からデータ消去が終了するまでの工程の追跡管理する。

採用した消去方式は、上書消去方式、消磁方式、破砕方式の3方式で、立会の消去にも対応。環境へ配慮し、破砕方式で破壊したドライブもリサイクルを実施する。

また、同センターの開設に伴い、「データ消去サービス&パソコン買取りサービス」を提供する。

(Security NEXT - 2006/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース