Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、暗号実装の認証制度を試行運用

情報処理推進機構は、セキュリティ認証業務を拡充し、暗号モジュール試験および認証を行う制度「JCMVP」の試行運用を6月より開始する。

同機構が暗号モジュールセキュリティ要件として採用する「ISO/IEC 19790」「FIPS PUB 140-2」についてソフトウェアやハードウェアに正しく実装されているか確認を行うもの。

同機構では、電子政府が推奨する暗号技術の実装試験制度を2007年度から正式運用できるよう準備を進めている。同機構では、試行運用として数件に対し無償で試験を実施する予定。

(Security NEXT - 2006/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ