Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールマガジン読者のアドレスを本文に混入 - ITmedia

アイティメディアは、送信システムの運用ミスにより、4月12日に配信したメールマガジン「ITmedia Headlines」において他読者のメールアドレスがメールマガジン本文に表示される事故が発生したと発表した。

原因は、メール送信システムの運用ミスで、暗号化されたアドレスの一部が正しく復号化されず本文に表示されたという。配信メールには、1通あたり最大18名分のアドレスが本文内に混入、1626名に配信されており1801名のメールアドレスが漏洩したという。

同社では流出の対象となった読者に対し謝罪するとともに、アドレスを取得した読者に対しても、そのアドレスを破棄してほしいとアナウンスしている。

同社ではすでに原因を確定し、システムも正常に運用されているという。今後はシステム改修手続きや監視体制などを改善し、従業員教育を徹底して再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市