Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北洋銀行、顧客情報記載の伝票を保管箱ごと紛失

北洋銀行は、東屯田支店において、顧客情報約1万件が記載された伝票綴りを、収納していた保管箱ごと紛失したと発表した。

2006年3月9日に過去の取引内容の確認を行った際、保管箱ごと紛失しているのが判明した。所在が不明となっているのは、同支店において2001年3月23日から同年4月10日の間に取り引きされた分の伝票で、推定約1万件の情報を含むという。顧客の氏名、口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では、保存期間が過ぎた伝票類と一緒に誤って廃棄処分にした可能性が高いとしている。同行では今後、顧客情報管理のさらなる強化に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」