Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワークへの不正接続を検知して通信を遮断 - 日立システム

日立システムアンドサービスは、パソコンだけでなく、その他の機器も含めてネットワークへの不正接続を防止するソフトウェア「オープンネット・ガード Ver3.0」を発売した。

同ソフトは、社内ネットワークへの不正接続を監視し、防止するもの。従来製品ではパソコンのみ監視対象となっていたが、今回発売される最新版では、携帯電話、カメラ、PDAなどネットワークに接続される機器全般の監視が可能となった。

また、ジュニパーネットワークスの「NetScreen」シリーズとの連動により、不正接続を検知した際には自動的に通信を遮断するよう設定することもできる。さらに、ネットワーク上の機器のMACアドレス取得から登録までの作業を容易にする機能も付加された。

(Security NEXT - 2006/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス