Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワークへの不正接続を検知して通信を遮断 - 日立システム

日立システムアンドサービスは、パソコンだけでなく、その他の機器も含めてネットワークへの不正接続を防止するソフトウェア「オープンネット・ガード Ver3.0」を発売した。

同ソフトは、社内ネットワークへの不正接続を監視し、防止するもの。従来製品ではパソコンのみ監視対象となっていたが、今回発売される最新版では、携帯電話、カメラ、PDAなどネットワークに接続される機器全般の監視が可能となった。

また、ジュニパーネットワークスの「NetScreen」シリーズとの連動により、不正接続を検知した際には自動的に通信を遮断するよう設定することもできる。さらに、ネットワーク上の機器のMACアドレス取得から登録までの作業を容易にする機能も付加された。

(Security NEXT - 2006/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース