Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新手法で金融サイトへのログイン情報を盗もうとするトロイの木馬に注意

ウェブセンス・ジャパンは、米Websenseのセキュリティ情報分析機関において、金融機関のサイトにログインする際のIDやパスワードなどを新手法で盗み出す「トロイの木馬」が確認されたとして、注意を喚起している。

同社によれば、同トロイの木馬に感染すると、ユーザーが金融機関のサイトにアクセスした際、本物のログインページに似せたポップアップウインドウを開いて、IDやパスワードなどのアカウント情報を詐取しようとする。

複数の金融サイトに対応しており、偽のウインドウはそれぞれのサイトに合わせてカスタマイズされているという。同社によれば、米国時間の4月5日時点ではまだウイルスベンダーによる対応が取られていないとしている。

(Security NEXT - 2006/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省