Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、3月の不正アクセス届出状況を発表 - 興味本位でのWinny利用やめて

情報処理推進機構(IPA)は、2006年3月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同発表によれば、ウイルスの検出数は約256万個で、先月からほぼ横ばいとなった。検出数の1位は「W32/Netsky」で約203万個。以下、2位は「W32/Mytob」で約29万個、3位は「W32/Bagle」で約9万個だった。この順位も先月から変わっていない。

不正アクセスの届出件数は38件で、そのうち被害のあった件数は10件だった。被害の内訳は、侵入6件、その他4件だった。具体的には、ウェブサーバに侵入されてフィッシングの踏み台にされたケースや、SSHで使用するポートへの攻撃を受けたことにより侵入されたというケースなどがあった。

情報セキュリティ全般についての相談件数は1056件。先月と比べて増加したが、これは3月20日に開設したWinny緊急相談窓口の影響と見られる。Winnyに関する相談件数は196件。おもな相談事例は、パソコンにWinnyが入っているか確かめたいというものや、Antinnyなど情報漏洩を起こすウイルスに感染していないか確認したいというものなど。

また、今月も先月に引き続きWinnyなどファイル交換ソフトによる情報流出が多発しているとして、改めて注意を呼びかけている。ウイルス感染が目立つが、操作ミスにより非公開にすべきデータを公開用フォルダに置いてしまう場合もあり、興味本位でWinnyを利用しないようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2006/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース