Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発委託先から入試の合否情報が流出 - 北海道武蔵女子短大

北海道武蔵女子短期大学が実施した2004年度入学試験の合否情報が、業務委託会社社員のパソコンからネット上に流出したことが判明した。

流出したデータは、2004年度の入学試験合否判定資料で、入試情報システム構築を委託していた大丸藤井に提供したものだった。

委託先の担当社員が開発作業のため同データを自宅パソコンへコピー。しかし開発終了後もデータはそのまま削除されず、その後同パソコンにおいてWinnyを使用、ウイルスに感染したことからデータが流出したと見られている。

その後、2006年4月3日に毎日新聞の指摘で流出の事実が発覚。同大学では、受験者と保護者に対し事実説明と謝罪をするとしている。学内に対策本部を設置、委託先に個人情報保護の徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付