Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約8000名分の患者情報入りPCを紛失 - 医療機器販売会社

ウイン・インターナショナルは、3月26日に医療機器を納入した病院の患者7960名分の個人情報が保存されたパソコンおよびCD-ROM1枚を、社員が飲食店で紛失したと発表した。

紛失したパソコンに保存されていた患者情報は、新葛飾病院の4316名分、新潟市民病院の3320名分、東京西徳洲会病院の163名分、土浦協同病院の160名分となっている。またCD-ROMには、東京西徳洲会病院の患者1名分が記録されていた。

いずれも患者の氏名、生年月日、診療内容、既往症などの個人情報が含まれている。いずれのデータのバックアップを目的に保存したものだったが、持ち出しについて医療機関の許可を得ていなかった。

同社では、警察へ紛失届を提出。同社では再発防止に向け、個人情報保護に関する作業手順の見直しや社員の再教育を行うとしている。

(Security NEXT - 2006/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT