Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀行、ICカード導入などセキュリティ強化策

中央三井信託銀行は、ICチップを搭載したキャッシュカードおよびローンカードの取り扱いを開始した。

今回の導入はセキュリティ対策の一環。同行が提供するATMご利用限度額設定サービスでは、ICカードと磁気カードの1日の利用限度額を別々に設定できるため、磁気ストライプカードの限度額を0円にすることで、実質上ICカードのみの取引に限定することもできる。

また、同行では磁気キャッシュカードの1日あたりのATMご利用限度額を引き下げたほか、不審な取引を検知するモニタリングシステムを導入するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携