Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀行、ICカード導入などセキュリティ強化策

中央三井信託銀行は、ICチップを搭載したキャッシュカードおよびローンカードの取り扱いを開始した。

今回の導入はセキュリティ対策の一環。同行が提供するATMご利用限度額設定サービスでは、ICカードと磁気カードの1日の利用限度額を別々に設定できるため、磁気ストライプカードの限度額を0円にすることで、実質上ICカードのみの取引に限定することもできる。

また、同行では磁気キャッシュカードの1日あたりのATMご利用限度額を引き下げたほか、不審な取引を検知するモニタリングシステムを導入するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意