Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、「ウィニーワクチン」にWinny削除機能を誤って搭載

アンラボは、個人向けに無償で提供しているWinny経由で感染するウイルスの駆除ソフト「アンラボ ウィニーワクチン」の一部バージョンに、Winny本体を削除する機能を誤って搭載していたと発表した。現在、修正版を公開している。

3月23日に公開されたバージョンに搭載されてしまったもので、利用者の指摘により判明。同社では、同ツールにおいてWinnyについては検出のみに機能を限定し、削除する機能は提供しない方針だったが、法人向けツールに削除機能を追加する際、誤って同ソフトにも同機能を搭載してしまったという。

同社では、28日に「アンラボ ウィニーワクチン」の配布を一時停止。同機能を修正し、1種類の不正なコードに対応する機能を追加したバージョンを再度公開している。

同社では、検出後、削除を選ばない限り勝手にWinny本体を削除することはないとしている。また、旧バージョンを削除の上、最新版を利用して欲しいとアナウンスしている。

アンラボ
http://www.ahnlab.co.jp/

(Security NEXT - 2006/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集