Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny導入のPCを隔離して漏洩を防ぐ検疫ネットワーク - PFU

PFUは、Winnyなど社内で使用禁止となっているソフトを導入しているパソコンを、社内ネットワークから排除する「iNetSec Inspection Center V3.0 禁止ソフト検査プラグイン」を、6月初旬より発売する。

同製品は、同社が提供する検疫ネットワークシステムの検疫ソフトウェア「iNetSec Inspection Center V3.0」のオプション製品。Winnyなど社内で使用禁止となっているソフトウェアが導入されているパソコンを、社内ネットワークへの接続時に検疫し、隔離する。また、利用者が独自に社内ポリシーを設定することができる。

価格は10万2900円。クライアントライセンスは、5000クライアント導入時で1400円から。また、2006年9月末までをキャンペーンとして同オプションを無償で提供する。

(Security NEXT - 2006/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック