Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、企業や官公庁向けにWinny削除ツールを無償配布

アンラボは、企業や官公庁を対象にWinnyやWinny経由で感染するウイルスを検出、削除できるセキュリティソフト「アンラボ ウィニーシールド」を開発、無償で提供を開始した。同社サイトより無料でダウンロードできる。

同製品は、Winnyそのものや90種類のウイルスに対応したセキュリティソフト。定義ファイルによる検出を行うため、名称が変更されていても検出が可能。検出、削除の状況を管理者へ自動報告する機能を搭載している。

さらに、同社セキュリティソリューション「アンラボ コーポレートエディション」シリーズを利用している場合、管理クライアントへ配布し、サイレントモードにて自動実行させることが可能。

また、同社では、今月11日よりコンシューマ向けに配布していた「アンラボ ウィニーワクチン」の機能を強化した。対応ウイルスの件数を従来の85種類から90種類へ増加している。なお、Winnyの削除は従来通り実施しない。

(Security NEXT - 2006/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正