Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEに攻撃者に乗っ取られる脆弱性

マイクロソフトは、Internet Explorerの深刻な脆弱性について調査を行っていると発表した。

複数のセキュリティベンダーが指摘していた脆弱性で、マイクロソフトによれば、攻撃者が悪意を持ったウェブサイトにて同脆弱性を攻撃された場合、リモートから任意のコードが実行されるおそれがあるという。同社では、信頼できないメールなどのURLなどをクリックしないよう、注意を呼びかけている。

同社では、同問題について調査後に対策を提供する予定。また、2006年3月20日にリリースされた「Microsoft Internet Explorer 7 ベータ 2 プレビュー」では影響を受けないとしている。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (917077)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/917077.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も