Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を含むUSBメモリを紛失 - 成田税関支署

東京税関成田税関支署は、個人情報を含む業務データを記録したUSBメモリを、職員が出勤途中に紛失したと発表した。

東京税関によれば、紛失したと見られるメモリには、具体的な内容を特定できていないが、個人情報が含まれている可能性が高いという。現在、紛失届を提出して通勤経路などの捜索も行っているという。

同税関では、問い合わせ窓口を設置。また、今回紛失したメモリは同職員の私物であったことから、同支署では個人所有の記録媒体での業務用データ持ち出し禁止を徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電