Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセンス、企業内Winnyを一掃できるソリューションを期間限定で無償提供

ウェブセンス・ジャパンは、WinnyをはじめとするP2Pファイル共有ソフトを検出し、起動を停止する「Websense Web Security Suite Lockdown Edition(WSSL)」の90日無償提供サービスを実施している。

同製品は、インベントリ管理機能により企業内のPCにWinnyといったP2Pファイル共有ソフトがインストールされているか確認できるソフト。2000種のファイル共有ソフトに対応しており、インストールされている企業内のPCを特定できる。

さらに、企業ネットワーク内のPCで「Winnyの起動を停止」するよう一元的に管理が可能。モバイルPCのポリシー管理なども行える。また、Winny経由で感染するウイルスの停止にも対応した。

今回の無償提供は、以前先着100名に限定で提供した際、大きな反響があったため、継続を決定したという。

(Security NEXT - 2006/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ