Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティを確保した企業向けコミュニケーションソリューション

サン・マイクロシステムズは、セキュリティを確保した企業向けIMソリューション「Sun Java System Instant Messaging 7.1 日本語版」の提供を開始する。価格は5000円/1ユーザーから。

同製品では、従来のインスタントメッセージ機能に加え、電子会議室やニュース配信、在席確認、ユーザーへのアラートなどの機能を用意。企業内の情報共有が行える。

サーバやクライアント間の通信はSSLが利用され、VPNによる遠隔地からのアクセスも可能。会議室などもセキュリティレベルを複数レベルに設定でき、LDAPで管理できる。

さらに日本版SOX法を意識しており、「Sun Java System Portal Server」を利用することでデータを保存でき、データ内部を検索できる。

(Security NEXT - 2006/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ