Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山口銀行、顧客情報が流出 - 外部からの資料持ち込みで判明

山口銀行は、顧客情報が記載された資料が外部から持ち込まれ、調査により顧客情報流出が判明したと発表した。原因については、現在調査中としている。

外部から持ち込まれた資料には、顧客の氏名、住所、電話番号、初回融資日などを含む個人情報100件が記載されており、そのうち93件が同行の取引と一致したという。また、法人顧客に関する情報100件も含まれており、そのうち同行と取り引きがあるのは92件。口座番号や預金残高などは含まれていないという。

同行では、関連する顧客に対して事故の報告と謝罪を行った。また、流出の原因と経路の解明に全力を挙げるとともに、情報管理体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意