Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネットモール出店企業の情報がWinny上へ流出

ネオ・コミュニケーションズ・オムニメディアは、社員の私用パソコンがウイルスに感染し、ヤフーから受託した情報がWinny上へ流出したと発表した。

流出が確認されたのは、業務委託元であるヤフーの従業員102名分の氏名とメールアドレス、およびYahoo!ショッピングに出店している企業3169社分の一部経営情報、担当者氏名、電話番号、メールアドレスなど。また、同社の従業員126名分の氏名とメールアドレスも含まれる。

同社によれば、2005年7月に同社員が業務情報を持ち帰り、自宅のパソコンに保存。その後パソコンがウイルスに感染し、12月にネットワーク上に流出したという。2006年3月16日にヤフーからの連絡を受け、判明したという。

同社では、社内規定で持ち出しを禁止していたという。事件を受け、社内規定の周知徹底やインフラの整備を実施し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」