Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社員のPCから顧客情報2910件がネット上に流出 - 日本ケミファ

日本ケミファは、社員の私用パソコンから顧客情報2910件がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

流出が確認されたのは、大分県内の顧客2910名分の氏名、住所、電話番号、生年月日など。ウイルスに感染し、Winnyネットワークへ流出したという。該当する顧客に対しては、個別に連絡して謝罪している。

同社では、社内規定により、顧客情報の社外持ち出しを禁止していた。今回の事件を受け、再度徹底を実施するとしている。さらに、個人所有のパソコンなどに顧客情報が保存されていないかを点検を実施するなど、再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院