Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気バラエティ番組の出演者情報がWinny上へ流出

TBSは、同社人気バラエティ番組「スーパーからくりTV」の出演者情報がWinnyネットワーク上へ流出したと発表した。

今回の事件は、同番組の元外部スタッフが個人で所有するパソコンからWinnyネットワークへ流出したもの。流出したデータは、タレントや関係者の情報約100件と、一般出演者や応募者の情報が約400件、同社関連スタッフの情報が約40件など。

タレントについては、事務所や担当マネージャーの電話番号、一般出演者については、住所や氏名、電話番号などを含むという。

同スタッフは、同社へ同パソコンを持ち込み、番組に関する情報の作成に利用していたが、修理の際、家族のパソコンへデータを複製。そのパソコンがウイルスに感染し、漏洩したという。パソコンは、ウイルスに関する警告が表示されていたものの、対応していなかった。

同社では、関係者に謝罪、事情を説明したという。また、過去に同社番組に関わったケースなどを含め、個人情報の取り扱いについて徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2006/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町