Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、深刻度「緊急」含む2件の月例パッチを公開

マイクロソフトは、3月の月例パッチをリリースした。今回は、深刻度が「緊急」「重要」において、それぞれ1件ずつの公開となった。

「緊急」とされる問題は、Microsoft Office の脆弱性「MS06-012」で、脆弱性を利用することにより、リモートでコードが実行されるもの。ユーザーが管理者ユーザー権限でログオンしている場合に脆弱性を突かれた場合、攻撃者に乗っ取られるおそれがある。

また、深刻度が「重要」とされたのは「制限の少ない Windows サービスの DACL により、特権が昇格される(MS06-011)」というもので、脆弱性により、制限している操作やアカウントの作成など実施されるおそれがあるという。

2006 年 3月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-mar.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も