Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR西の顧客情報流出、さらに1360名判明 - 会員43万人分流出の可能性

昨年12月に発覚したJR西日本が運営する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報が流出した問題で、JR西日本は、さらに1360名分の流出を確認したと発表した。同社では、会員43万6967名の情報が流出している可能性もあるとしている。

あらたに流出が確認されたのは、高齢者向けに割引などのサービスを提供する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報1360名分。氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれている。2006年1月下旬から2月にかけて、会員から不審なセールスの電話があったという報告が数件寄せられ、調査を行った結果判明した。

今回、セールス会社へ渡ったと見られる情報は、前回同様2003年8月29日時点のものだが、前回流出した情報には一部含まれないデータがあり、同社では会員43万6967名全ての情報が流出している可能性も考えられるとしている。

同社では、流出の可能性がある会員に対し事実報告と謝罪をするとともに、不審な電話やセールスなどへの注意喚起を行っている。また今後も調査を続行して、流出した会員情報の回収に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正
富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
医療連携ネットワークで設定ミス、一部で同意なく閲覧可能に - 香川県