Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR西の顧客情報流出、さらに1360名判明 - 会員43万人分流出の可能性

昨年12月に発覚したJR西日本が運営する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報が流出した問題で、JR西日本は、さらに1360名分の流出を確認したと発表した。同社では、会員43万6967名の情報が流出している可能性もあるとしている。

あらたに流出が確認されたのは、高齢者向けに割引などのサービスを提供する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報1360名分。氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれている。2006年1月下旬から2月にかけて、会員から不審なセールスの電話があったという報告が数件寄せられ、調査を行った結果判明した。

今回、セールス会社へ渡ったと見られる情報は、前回同様2003年8月29日時点のものだが、前回流出した情報には一部含まれないデータがあり、同社では会員43万6967名全ての情報が流出している可能性も考えられるとしている。

同社では、流出の可能性がある会員に対し事実報告と謝罪をするとともに、不審な電話やセールスなどへの注意喚起を行っている。また今後も調査を続行して、流出した会員情報の回収に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催