Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR西の顧客情報流出、さらに1360名判明 - 会員43万人分流出の可能性

昨年12月に発覚したJR西日本が運営する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報が流出した問題で、JR西日本は、さらに1360名分の流出を確認したと発表した。同社では、会員43万6967名の情報が流出している可能性もあるとしている。

あらたに流出が確認されたのは、高齢者向けに割引などのサービスを提供する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報1360名分。氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれている。2006年1月下旬から2月にかけて、会員から不審なセールスの電話があったという報告が数件寄せられ、調査を行った結果判明した。

今回、セールス会社へ渡ったと見られる情報は、前回同様2003年8月29日時点のものだが、前回流出した情報には一部含まれないデータがあり、同社では会員43万6967名全ての情報が流出している可能性も考えられるとしている。

同社では、流出の可能性がある会員に対し事実報告と謝罪をするとともに、不審な電話やセールスなどへの注意喚起を行っている。また今後も調査を続行して、流出した会員情報の回収に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
防衛装備庁の入札システムインストーラに脆弱性 - 修正版が公開
dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応
Sambaにリモートより攻撃可能な深刻な脆弱性 - 「同3.5」以降に存在
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
展示会案内メールの誤送信でメアド流出 - イベント企画会社
改正個人情報保護法施行で旧ガイドラインは廃止へ
LINE、FIDOアライアンスにボードメンバーとして加盟
「個人情報保護法相談ダイヤル」、5月30日スタート
日本シーサート協議会が10周年、8月に記念イベントを開催