Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR西の顧客情報流出、さらに1360名判明 - 会員43万人分流出の可能性

昨年12月に発覚したJR西日本が運営する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報が流出した問題で、JR西日本は、さらに1360名分の流出を確認したと発表した。同社では、会員43万6967名の情報が流出している可能性もあるとしている。

あらたに流出が確認されたのは、高齢者向けに割引などのサービスを提供する「JR西日本ジパング倶楽部」の会員情報1360名分。氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれている。2006年1月下旬から2月にかけて、会員から不審なセールスの電話があったという報告が数件寄せられ、調査を行った結果判明した。

今回、セールス会社へ渡ったと見られる情報は、前回同様2003年8月29日時点のものだが、前回流出した情報には一部含まれないデータがあり、同社では会員43万6967名全ての情報が流出している可能性も考えられるとしている。

同社では、流出の可能性がある会員に対し事実報告と謝罪をするとともに、不審な電話やセールスなどへの注意喚起を行っている。また今後も調査を続行して、流出した会員情報の回収に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、セキュリティ動画コンテストの結果を発表
PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
政府、SAOタイアップイベントを開催 - トークショーやマンガ配布、VR体験イベントなど
「MyJCB」の偽サイトに注意 - 正規サイトのデザインを盗用
サンワサプライ、持ち運びも簡単な小型指紋リーダー
保険証情報19万人分を含むフロッピーやCDが所在不明 - 協会けんぽ
日本狙う「偽Google Play」に注意 - スミッシングで誘導
国内IPアドレス経由のマルウェアメール送信が拡大 - 「Gozi」感染端末が踏み台に
個人情報保護委、個人データ漏洩時の対応方法示す - パブコメに117件の意見
ラック、茨城県警のサイバーセキュリティ対策に協力