Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンチウイルスソフト内蔵USBメモリを利用する検疫ソリューション

インテリジェント ウェイブは、直前に外部接続を行ったクライアントのネットワーク接続を防止するソフトウェア「LoginSafer」を発売した。

同製品では、PCを起動した際に、外部へ持ち出しの経歴を調べるソフトウェア。ログイン状況を確認する「LoginSafer」により、直前に持ち出した形跡があるパソコンの接続を拒否する。

接続には、アンチウイルスソフトを内蔵したUSBメモリ「Cshieldstick V」」による検疫が必要となるため、外部からウイルスの侵入を防止できる。

(Security NEXT - 2006/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を