Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の手術情報がネット上に流出 - 富山市の病院

富山市の長谷川病院は、職員の私用パソコンがウイルスに感染し、2873件の患者情報を含む業務用ファイルがインターネット上に流出したと発表した。

同院によれば、流出したのは手術室利用履歴で、1997年9月1日から2004年12月10日までの間に、同院の手術室で行われた手術症例2873件が記録されていた。患者の氏名、性別、年齢、生年月日、手術術式などが含まれている。

同院では電子カルテを利用しているが、今回漏洩したファイルはカルテではなく、表計算ソフトで作成した集計用のデータだったという。2004年12月、職員の私用パソコンがウイルスに感染し、Winnyネットワーク上へ流出したものと見られている。

同院では2005年以降、患者情報の電子化に伴い、外部ネットワークを遮断することで、院外への漏洩防止や患者情報持ち出しの登録許可制、ファイル交換ソフトの使用禁止、私用パソコンの持ち込み禁止といった対策を実施してきたという。今回の事件を受け、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング