Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東西の顧客や従業員の情報がWinny上へ漏洩

NTT東西は、社員自宅のパソコンより顧客や従業員情報などを含んだファイルがWinny上へ流出したと発表した。

社員自宅の個人用パソコンへウイルスが感染し、流出したもので、NTT東日本の個人や法人といった顧客情報が113件、NTT西日本が124件の合計237件が流出。氏名や会社名、住所、電話番号、メールアドレスが含まれていた。また、氏名や所属、電話番号、メールアドレスなど、約2000件の従業員情報も含まれていた。

同社では、個人情報の持ち出しを禁止していたとしており、再度従業員への周知徹底を図るという。該当する顧客へ書面で説明、謝罪するほか、社員に対しても順次対応する。

NTT東西は、2月末に業務委託先社員の私用パソコンからWinnyネットワークへ顧客や従業員の情報の流出していたことを発表したばかりだった。

(Security NEXT - 2006/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件