Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェイコム関西、配達前の情報誌が自転車ごと盗難に

ケーブルテレビサービスを提供するジェイコム関西は、同社かわち局において2005年12月26日に配達前の番組情報誌188部が配達用自転車ごと盗難に遭い、顧客情報が流出していたことを明らかにした。

盗難に遭ったのは、同社の月刊番組情報誌「J:COM Magazine1月号」188部で、配達先である大阪府柏原市の一部顧客の氏名および住所が貼付されていた。同社では、該当する顧客に対し報告と謝罪をしている。

今後は、個人情報の取り扱いについて配達員の再教育を行うとともに、配布物の管理を徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から