Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

操作ミスによりメールアドレスが流出 - ゴンゾロッソ

ゴンゾロッソオンラインは、同社顧客のメールアドレスが送信ミスにより一部流出したことを公表した。

同社が運営するオンラインゲーム「ナイトオンライン」の登録ユーザー26名分のメールアドレス。イベント当選者へメール配信を行う際、操作ミスにより他のユーザーのメールアドレスが確認できる状態で送信してしまったという。

通常、1件ずつ返信する規定になっていたが、スタッフがまとめて返信を行おうとしたところ、事故が発生。同社は、2月20日に発生した個人情報流出事故を受け、管理態勢の強化を進めている最中だった。

同社では、該当する顧客へ個別に対応を実施。さらに管理態勢の強化など再発防止の対応を進めて行くとしている。

(Security NEXT - 2006/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も