Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

名古屋銀行、顧客情報記載の伝票綴りが保管箱ごと所在不明に

名古屋銀行は、中村支店において、顧客情報が記載された伝票綴り約1万3000件分を、収納されていた保管箱ごと紛失したと発表した。

同行によれば、所在不明となっている伝票には、2003年2月および4月の取り引き分約1万3000件の顧客情報が記載されていた。顧客名、口座番号、取引金額などが含まれているという。2006年1月に保管書類の点検を実施した際、所在不明となっていることが判明した。

調査の結果、誤って不要書類とともに保管箱ごと廃棄処分した可能性が高いとしている。同行では再発防止に向け、顧客情報の管理体制や取り扱いの厳正化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性