Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

名古屋銀行、顧客情報記載の伝票綴りが保管箱ごと所在不明に

名古屋銀行は、中村支店において、顧客情報が記載された伝票綴り約1万3000件分を、収納されていた保管箱ごと紛失したと発表した。

同行によれば、所在不明となっている伝票には、2003年2月および4月の取り引き分約1万3000件の顧客情報が記載されていた。顧客名、口座番号、取引金額などが含まれているという。2006年1月に保管書類の点検を実施した際、所在不明となっていることが判明した。

調査の結果、誤って不要書類とともに保管箱ごと廃棄処分した可能性が高いとしている。同行では再発防止に向け、顧客情報の管理体制や取り扱いの厳正化に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース