Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

私用PC向けに個人情報検出ツールのライセンスを提供 - KLabセキュリティ

KLabセキュリティは、パソコン内の個人情報を検出する「P-Pointer3.0」に、個人PC用のライセンスを追加した。期間限定で官公庁、自治体などに通常ライセンス契約数と同数の自宅PC用ライセンスを無償で付与する。

職員の自宅PCなどからP2Pソフトや盗難といった原因で漏洩が多発していることから、官公庁、自治体の対象に「ガバメントライセンスホームユース付」を用意したもの。ライセンスの追加により、自宅や個人PCの個人情報検出をすることが可能で、ファイルの持ち出しや以前持ち出したファイルの削除し忘れなどを防止できる。

提供対象は3月15日から9月29日までの官公庁、自治体、非営利団体の新規契約。

(Security NEXT - 2006/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送