Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東日本、顧客情報が記録された携帯端末など車ごと盗まれる

NTT東日本は、2月27日に業務委託会社が電話帳の配達中、配達先の顧客情報が記録された携帯端末および配達先リストが、車両ごと盗難に遭ったと発表した。

被害に遭ったのは、個人の顧客189件、および企業顧客71件の顧客名、住所、配達数などが記録された携帯端末、および配達先リスト。業務委託先であるエヌ・ティ・ティ番号情報が、電話帳配達業務中に被害にあったもので、一時的に車から離れた際、車両ごと盗まれたという。被害当時、ドアは施錠されておらず、キーも挿したままだった。

同社では被害届を提出するとともに、該当する顧客に対し、謝罪と報告をしている。今後は業務委託会社に対し、顧客情報の保護を徹底するよう指導するとともに、定期的な監査を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を